シーバスリーガルミズナラ12年 レビュー
スコッチ次郎スコッチ次郎

今日はスコットランドのブレンデットウィスキー代表銘柄「シーバスリーガル」シリーズの中から「ミズナラ」をレビューするよ!
シーバスリーガルというウィスキーの名前は非常に有名で、日本でもスーパーなどで販売されているから聞いたことがある人は多いかもしれない。
一方で「ミズナラ」を知っている人はウィスキー通の人だろうね。

バーボンかずきバーボンかずき

シーバスリーガルであれば僕も、聞いたことがありますね!
ただミズナラは初めて聞きました。
普通のシーバスリーガルと比べて何が違う銘柄なんですか?

スコッチ次郎スコッチ次郎

よく聞いてくれたね!!
その違いこそシーバスリーガル ミズナラをレビューする意味につながるんだよ!

アイリッシュみきアイリッシュみき

(完全に聞かなきゃいけないような流れに誘導していたと思うけどな。。。)

スコッチ次郎スコッチ次郎

一言でいうと、普通のシーバルシーガルは世界中で広く飲まれることを前提に造っている銘柄。
それに対してシーバスリーガル ミズナラは日本人に飲まれることを前提に、日本人の舌に合うようにブレンドされた銘柄なんだ!
言ってみれば日本人向けに特化した、日本人用のオリジナルスコッチウィスキーだね。

バーボンかずきバーボンかずき

わざわざスコットランドのウィスキーメーカーが、日本向けに開発した銘柄なんですか!
それは……日本人なら飲まないわけにはいかないじゃないですか!!

スコッチ次郎スコッチ次郎

だろう!!
ウィスキー好きな日本人だったら、絶対に飲まなきゃいけない1本なんだよ!!

アイリッシュみきアイリッシュみき

ちょっと2人とも熱くなりすぎですよー 笑
でも確かにすごく興味はそそられますね!!
ちなみに「シーバスリーガル」は銘柄のブランド名だと思いますけど、「ミズナラ」って何ですか?

スコッチ次郎スコッチ次郎

よく聞いてくれたね!
ミズナラというのは、日本国内に生えている木の名前だよ。
この国産のミズナラを使ってミズナラ樽を作る。
そのミズナラ樽を使ってシーバスリーガルの原酒を熟成するから「シーバスリーガル ミズナラ」という名前なんだ!

バーボンかずきバーボンかずき

ウィスキーのブレンドを日本人向けにしているだけではなく、熟成樽まで日本産なんて。。。
なんて!なんて粋な銘柄なんだーー!!

アイリッシュみきアイリッシュみき

冒頭で熱くなりすぎですよー 笑
飲んでレビューする前に、今回も色々知識を知りましょうね!

シーバスリーガル ミズナラ 12年

シーバスリーガルミズナラ12年はスコットランドで製造されたモルトウィスキーとグレーンウィスキーの原酒をブレンドした、ブレンデットウィスキーです。

シーバスリーガルミズナラ12年 フレーバーマップ

ウィスキーの格となるキーモルトにはストラスアイラという銘柄が使われていることで有名ですが、詳細なブレンド内容は公開されていません。
ただ1つ確かなことは、このシーバスリーガルミズナラ12年は日本人の舌に合うように開発された銘柄ですので他のリーバスリーガルシリーズと比較してブレンド内容が異なるという事です。
ブレンドを担当したのは「伝説のマスターブレンダー」ことコリン・スコット氏。 ※スコットランドでは超有名ブレンダー
コリン・スコット氏自ら最高級品質のシングルモルを1つ1つ選別し、日本への敬意をこめて日本人向けの味覚へと仕上げた銘柄です。
日本人はスモーキーなピート(泥炭)風味を苦手とする人が多いので、癖のあるアイラ島などの銘柄はブレンドに使われません。
結果的にウィスキーの味自体もすっきりした、いわゆる“飲みやすい”味わい・風味となります。

スコッチ次郎スコッチ次郎

スモーキーなウィスキーが大好きなアイラ信者などには少し物足りない銘柄かもしれないが、普段あまりウィスキーを飲まない人にとってはとっても飲みやすいと感じる銘柄なんだ!!

更にシーバスリーガルミズナラ12年はブレンド後、ミズナラ樽で後熟(マリッジ)という工程を加えます。
後熟というのは例えばバーボン樽やシェリー樽で熟成されたウィスキー原酒をブレンド後、ビン詰めと出荷までの数か月から数年を、さらに別の熟成樽の中で保管する方法です。
ミズナラは日本固有の落葉高木であり最近は枯渇気味でもありますが、「日本人向け」という強いコンセプトを持つシーバスリーガルミズナラ12年では、今でも必ずミズナラ樽で後熟を行い出荷されています。

ウィスキー初心者にとっては非常に飲みやすいブレンデットウィスキーであり、ウィスキー上級者にとっては他の銘柄には無い「日本人向けウィスキー」というコンセプトを堪能できることでしょう!
シーバスリーガルミズナラ12年は、それぞれの楽しみ方が出来るとても面白い銘柄です!

シーバスリーガル ミズナラ 12年 概要

シーバスリーガルミズナラ12年

  • 銘柄名:シーバスリーガル ミズナラ 12年
  • 公式キャッチコピースコットランドから日本への心を込めた贈りもの
  • アルコール度数:40度
  • 種類:ブレンデット
  • 製造元:シーバス・ブラザーズ社
  • キーモルト:ストラスアイラ
  • 設立年:1801年
  • 価格帯:3,000円~4,000円程度 / ボトル

シーバスリーガル ミズナラ 12年 公式テイスティングノート

【香り】
オレンジと西洋ナシの甘いフルーティーさに、クリーミーで甘いタフィーと、微かなナッツの香りが重なる。

【味わい】
全体に繊細な味わいで、驚くほど甘くてなめらか。
熟した西洋ナシと蜂蜜、オレンジ風味の砂糖菓子の味わいに、微かなリコリス(甘草)の風味が加わる。

【フィニッシュ】
バランスよく、なめらかで、長い余韻。

シーバスリーガル 歴史

シーバスブラザーズ ロゴ

シーバスリーガル ミズナラ 12年はシーバス・ブラザーズ社により製造されています。
シーバス・ブラザーズ社は1801年の創業であり、スコットランドのブレンデットウィスキー製造元としては老舗中の老舗です。
元々は1801年に、今でもブランド名として使われている”シーバス”兄弟がスコットランドのアバディーンに商店を開いたのがきっかけ。
創業時は当時スコットランドでは高級品だったコーヒー、紅茶などを仕入れて販売する業態の食品専門商店でした。

1850年代に入るとウィスキー需要が世界的に高まり、ウィスキー市場は盛り上がりを見せます。
特に富裕層からの高品質ウィスキーに対する需要が高く、この時代にスコットランド国内の多くの業者がブレンデットウィスキー製造事業を始めました。
シーバス兄弟も例外なく、この時代にブレンデットウィスキー造りを始めています。
元々高級品を扱う食品専門商店を営んでいたシーバス兄弟は多くの富裕層への販売ルートを確立していたため、高品質のウィスキー製造事業を始めることに向いていたといえるでしょう。

1900年代初頭に入ると世界的なウィスキー需要に変化が訪れます。
1800年代ではスコットランド、アイルランドなどで製造されたウィスキーは主にヨーロッパで消費されていましたが、超経済的成長を迎えたアメリカ国内でのウィスキー需要が急激に高まります。
シーバス・ブラザーズ社はこのアメリカでのウィスキー需要急増を好機ととらえ、自分たちのブレンデットウィスキーを「シーバルリーガル」と名付けて輸出を開始します。
このシーバスリーガルはウィスキーの本場スコットランド産の本格ブレンデットとして瞬く間にヒットし、1920年に禁酒法がアメリカで制定されるまで、アメリカ人が好きなウィスキーNo1とまで言われました。

1950年、シーバス・ブラザーズ社はスコットランドのハイランド地区で最も古いシングルモルト蒸留所であった「ストラスアイラ蒸留所」を買収します。
結果的にこの買収は大正解で、”シーバスリーガル”ブランドのウィスキーに劇的な味の変化をもたらしました。
この当時の買収によって以後、シーバスリーガルのキーモルトはストラスアイラが使われるようになり、今に続くフルーティーでコクのある飲みやすい銘柄が完成しました。

現在でもシーバスリーガルは世界的に有名なブレンデットウィスキーであり、ウィスキー愛好家はもちろん、ウィスキーに普段なじみがない人ですら名前は聞いたことのあるレベルのブランドを確立しています。

スコッチ次郎スコッチ次郎

スコッチブレンデットウィスキーの雄「シーバスリーガル」は、今も昔も大衆から広く愛される銘柄、という事だね。
スコットランドのブレンデットを飲んでみたいと思ったら、シーバスリーガルはまず最初に試してみるべき銘柄の1つだよ。

シーバスリーガル ミズナラ 12年 ラベル


シーバスリーガルミズナラ12年のラベルは、日本の原風景やミズナラの木を連想させるディープグリーンの色調です。
通常のシーバスリーガル12年が赤色主体のラベルイメージで世界的に知られていいることを考えると、やはり日本向けというコンセプトが色濃く表れています。

シーバスリーガル ミズナラ 12年 ボトル

シーバスリーガルミズナラ12年
ボトル自体はシーバスリーガルミズナラ12年も、通常のシーバースリーガル12年と同じ形状のボトルを使用しています。

シーバスリーガル ミズナラ 12年 価格

シーバスリーガル ミズナラ 12年をAmazonで探す
シーバスリーガル ミズナラ 12年を楽天で探す

シーバスリーガルミズナラ12年の価格は1本あたり3,000円~4,000円程度。
そもそもブレンデットウィスキーは1本1,000円以下の安価なものも多いことを考えると、そのなかでは決して安いとは言えない価格帯です。
ですが、この後のレビューにでも詳しく書きますが、この品質でこの値段はコスパに優れていると言えるでしょう。

シーバスリーガル ミズナラ 12年 レビュー

スコッチ次郎スコッチ次郎

ではいよいよ、日本人のために作られたブレンデットスコッティウィスキー「シーバスリーガル ミズナラ」を飲んでみようか!


バーボンかずきバーボンかずき

超、待ってました!!

シーバスリーガル ミズナラ 12年 ストレートでレビュー

まずはシーバスリーガル ミズナラ 12年をストレートで飲んでみます!

シーバスリーガルミズナラ12年 ストレート

見た目の色ですが最低12年以上熟成された原酒のみでバッティングされているだけあって、濃い黄金色です。
香りですが、強い!
とにかく香りが強いです!!
いくつか感じた香りを列挙するとチョコレート、ドライレーズン、カカオ、焼き立てのアップルパイなど。
マイルドな甘さの香りではなくて、それ自体が場を支配するような主張の強い甘い香りがぐんぐん香ってきます。

飲んでみると最初に出た言葉は「うお!!」でした 笑
香り同様に、甘い!
とにかく、とんでもなく甘い!!
ウィスキーを飲んでいるというより、ウィスキー入りのチョコレートというか。
もしくは完熟リンゴジュースにウィスキーを入れた飲み物です、と言われても違和感がないくらいの甘さです。

やはりこのレベルの甘さは、シングルモルトでは難しいでしょうね。
甘みを主体としたウィスキー原酒と、その甘みを引き立てるために多少スパイスが効いた原酒が黄金比でブレンドされているのでしょう。
もしくはグレーン原酒(トウモロコシ主体のウィスキー原酒)がそうさせるのか。
兎にも角にも、衝撃です。

これを知ってしまうと、酒好きな人には明日からデザート要らずですね 笑
アップルパイに入っているトロトロのリンゴ、もしくは黒糖たっぷりのカリントウを食べているのと変わらない満足感です。
最後まで飲み干すと、焼き立てのクロワッサンのような香りがグラスに付着していました。
美味い!!!!!

評価:★★★★★

シーバスリーガル ミズナラ 12年 トワイスアップでレビュー

次にシーバスリーガル ミズナラ 12年をトワイスアップで飲んでみますね。

シーバスリーガルミズナラ12年 トワイスアップ

ストレートと比べて甘い香りは多少収まりましたが、それでもまだまだ香りは強いです。
飲んでみると加水したことで少し甘さが抑えられて、ストレートの時のような衝撃的な甘さではなく、適度な甘さになったなという感じです。
明らかに飲みやすくなったので、飲み物としてのバランスはこっち(トワイスアップ)の方が取れているかもしれません。

良い言い方をすると、飲みやすく、バランスが取れた。
悪い言い方をすると、衝撃的なまでの甘さが控えめになり個性が抑えめになった。
最終的には好みだと思いますが、私は断然ストレート派ですね 笑
ただ多くの人は、トワイスアップの方が飲みやすくて好きかもしれません!

評価:★★★★

シーバスリーガル ミズナラ 12年 ロックでレビュー

次にシーバスリーガル ミズナラ 12年をロックで飲んでみましょう!

シーバスリーガルミズナラ12年 ロック

一口目は、ストレートに全く引けを取らないレベルで美味いです!!
甘さという特徴、個性が生きたまま、液体が冷えているので喉越し抜群です!!
イヤー美味いですよ!!

ただあえて1つ私なりのこだわりを上げるとすると、やはり氷が溶けるにつれて甘さが抑えめになる。
つまり時間をかけて飲むとどんどん、個性が消えていくんですよね。
やはりロックで飲む銘柄は時間が経っても味わいが一定か、もしくは個性が生きたまま味わいがプラスに変化していくものが良いですね。
そういう意味だと、シーバスリーガル ミズナラ 12年ロックは最初のピークこそ美味しいんですが、すぐに飲み干したくなります。
ロックはゆっくり飲みたい派なので、そこだけが気になりました。

評価:★★★★

シーバスリーガル ミズナラ 12年 ハイボールでレビュー

最後はシーバスリーガル ミズナラ 12年をハイボールで飲んでみましょう!

シーバスリーガルミズナラ12年 ハイボール

ここまでどんな飲み方をしても美味しかったんですが、さすがにハイボールは難しいよなー。
と思いながら飲みましたが、良い意味ですっごく期待を裏切られました。
「いや、美味いやん!!」と思わず声に出しましたもん 笑

全体的にはサッパリしていて飲んだ瞬間の満足度がまず高いんですが、その後に残る後味!
これが、甘いんですよ!
もう一回言います、ハイボールの後味が甘いんですよ!!!
こんなハイボール、なかなか飲めないと思います。
全体的に尖り過ぎた癖がないから、スイスイ行けちゃいますし。
一点突破の特徴を武器にした癖のあるハイボールじゃなくて、王道のハイボールですごくレベルが高い感じ!!
日本の銘柄でいうと白州ハイボールに近いですね!
ほんと、美味しかったです!

評価:★★★★

シーバスリーガル ミズナラ 12年 評価

色々な飲み方でシーバスリーガル ミズナラ 12年を試しましたが、結論を先に言っちゃいますね。
これは、文句ないですよ。
凄くレベルの高い銘柄です。

シーバスリーガル ミズナラ 12年 個性評価

抜群の個性です!
これだけ甘みの強い銘柄を造るのって、相当試行錯誤しないとできないはずです。
今まで飲んできた銘柄の中でも、甘さという軸で断トツ振り切っていますね。
文句なしです。

シーバスリーガル ミズナラ 12年 コスパ評価

シーバスリーガル ミズナラ 12年は1本3,000円~4,000円くらいが相場です。
もちろん安いウィスキーを求めようとしたら数百円レベルで存在しますので、決して激安!とは言えません。

が、あえて言います!
安いと考えるべきですよこれは。
このレベル、この味、この個性で1本3,000円台で買えるんですから。
味のレベルが非常に高いので、価格を考えてもコスパ相当良いです!!

シーバスリーガル ミズナラ 12年 総合評価

レビューなのでどうしても個人の主観が入るところもあると思いますが、それにしてもこのシーバスリーガル ミズナラ 12年、飲んだ人のほとんどは美味しいと答えるんじゃないでしょうか!?
私個人としては、今まで飲んだ中でもトップクラスに好きですね!!
しかも味を考えると手ごろな値段で買えるんですから。
居酒屋に行って適当なハイボールを10杯飲むより、同じ値段でこれを買って飲む方が満足度高いですよ!

【総合評価】
味わい:★★★★★
個性: ★★★★★
コスパ:★★★★
総合: ★★★★★

シーバスリーガル ミズナラ 12年 おすすめの飲み方

シーバスリーガル ミズナラ 12年のおすすめの飲み方は「ストレート」です!

シーバスリーガルミズナラ12年 ストレート

正直、全部美味しいです!
なので相当迷いましたし、他の飲み方がおすすめじゃないとは口が裂けても言えません!
ただあえて優劣をつけるなら、やはりストレートの衝撃に勝るものはないかなと思います。
是非ストレートで飲んで、衝撃の甘さという個性を感じてみてください!

「シーバスリーガル」シリーズの種類

ブレンデットスコッチウィスキー業界の中でも、シーバスリーガルはトッププラスのブランドを持つメーカーです。
そんなシーバスリーガルが他にもリリースしている銘柄があるので、いくつか紹介します。

シーバスリーガル12年

シーバスリーガル12年をAmazonで探す
シーバスリーガル12年を楽天で探す

シーバスリーガル12年は、シーバスリーガルシリーズの中でも手軽に買えるエントリーモデルです。
12年以上熟成されたモルト原酒とグレーン原酒をヴァッティングして造られたブレンデットウィスキーです。
ミズナラのように日本人向けに作られた銘柄ではなく、全世界を対象に広く親しまれるように造られた銘柄です。
味わいはミズナラよりもウィスキー感というか、アルコールの強さがグッとくる感じで、甘さも控えめになっています。

シーバスリーガル18年

シーバスリーガル18年をAmazonで探す
シーバスリーガル18年を楽天で探す

シーバスリーガル18年は、18年以上熟成されたモルト原酒とグレーン原酒をヴァッティングして造られたブレンデットウィスキーです。
熟成年数の長い原酒を使っていますので味わいは甘く、まろやかでクリーミー
時折ピリッと来る刺激も特徴的です。
ちょっと上品なスコッチのブレンデットウィスキーを飲みたいなら、シーバスリーガル18年は値段も味もちょうどいい感じです!

シーバスリーガル ミズナラ 18年

シーバスリーガル ミズナラ 18年をAmazonで探す
シーバスリーガル ミズナラ 18年を楽天で探す

シーバスリーガル ミズナラ 18年は、18年以上熟成したウィスキー原酒を日本のミズナラ樽で後熟した銘柄です。
シーバスリーガル ミズナラ 12年と同じく日本人向けに造られた銘柄であり、より甘く、より飲みやすく、よりエレガントな銘柄です。
自分が日本人だからかわかりませんが、本当に本当に美味しいんですよね。
いつかレビュー記事書きます!

シーバスリーガル25年

シーバスリーガル25年をAmazonで探す
シーバスリーガル25年を楽天で探す

シーバスリーガル25年は、シーバスリーガルシリーズの中でも比較的ハイエンド銘柄です。
25年以上熟成したモルト・グレーン原酒をヴァッティングして造られていますので、複雑な味わいが特徴です。
甘さはもちろんのこと、辛さ、フルーティーさ、スモーキさなど、全部の味を舌の上で感じることができるという面白い銘柄です。
ウィスキー愛好家の間では人気がありますが、いかんせん価格が高い 笑
なのでプレゼントで送ると喜ばれますし、自分で飲みたいならバーで頼むのもいいですよ。

ロイヤルサルート21年

ロイヤルサルート21年をAmazonで探す
ロイヤルサルート21年を楽天で探す

ロイヤルサルートは、シーバスリーガルを製造しているシーバスブラザーズ社が製造する最高品質のブレンデットウィスキーです。
ロイヤルという名前の通り英国王室を意識した銘柄となっており、もともとロイヤルサルートとは王室行事の際に放たれる祝砲を意味します。
エリザベス2世の戴冠式(たいかんしき)の際に21発の祝砲が打たれたことを受けて、21年以上熟成した原酒を伝ってブレンデットウィスキーのロイヤルサルート21年が造られました。
ボトルの形状からしてもうカッコよく、味は1度飲んだら忘れられないほどのエレガントで上品です。
特に後味の甘い余韻が長く、ストレートで飲むと1杯で1時間は楽しめます。
安くはないですが、意外と手の届く値段かもしれません。
興味があれば試してください!

「シーバスリーガル ミズナラ 12年」のまとめ

シーバスリーガル ミズナラ 12年のレビュー、いかがでしたでしょうか。
この記事をまとめると以下です!

【シーバスリーガル ミズナラ 12年まとめ】
シーバスリーガル ミズナラ 12年は、ブレンデットトスコッチウィスキー
シーバスリーガル ミズナラ 12年を製造しているのは世界的に有名なシーバスブラザース社
シーバスリーガル ミズナラ 12年は日本人向けの銘柄であり、圧倒的な甘さが特徴的
シーバスリーガル ミズナラ 12年は”ストレート”での飲み方が特におすすめ

ストレートな表現で恐縮ですが、最高に美味しい銘柄です。
是非飲んでみてください!!